テーマ 「念仏〜今、私が出遇うべきもの」

法語カレンダー」



真宗教団連合が作成している「法語カレンダー」みなさんのご自宅にも掛っているとおもいます。そのカレンダーの表紙にも表記されていますが、真宗教団連合は十の派から構成されています。

浄土真宗本願寺派

真宗大谷派

真宗高田派

真宗仏光寺派

真宗興正派

真宗木辺派

真宗出雲路派

真宗誠照寺派

真宗三門徒派

真宗山元派

です。

十の派があることをけっこう知らない方もいらっしゃるようで、こんな会話をかわすことがあります。

「うちは、お寺なんですよ」

ある人「へえそうですか、宗派は何宗ですか」
「浄土真宗です」
ある人
「ああそうですか、お西ですか、お東ですか」
「いえいえ、お西でもなくお東でもなく、鯖江のご本山誠照寺の誠照寺派です」と。

 法語カレンダーは、全部で236万部の申込みがありますが、お西さんが112万部、お東さんが107万部を申し込むそうです。ほとんどがお西さんとお東さんで占められています。だからしょうがないですね。

 

 お盆に、お寺に参られて来られる方々をお迎えするために本堂におりましたとき、八月の法語カレンダーのことばが目に飛び込んできました。

「拝まない者も おがまれている 

  拝まないときも おがまれている」 東井義雄

カレンダーも掛けっ放しで、ちゃんといただいていなかったな。と、はっとしました。忙しさにかまけてちゃんとしていないな。と。

そんな私をも、阿弥陀さまは、ちゃんと願ってくださっておられます。ありがたいことです。なむあみだぶつ なむあみだぶつ

 

粟田部円正寺 藤井智正