「800回御遠忌法要」に向けて
真宗誠照寺派 宗務長 茨田隆信

誠照寺派では、「親鸞聖人750回御遠忌法要」を平成23年(2011年)5月に宗門関係者をはじめ門信徒の方々、地域の方々の絶大なるご支援ご協力を賜り盛大に厳修することが出来ました。本当に有り難うございました。

ご案内の通り、このご法要は、50年ごとに厳修され、聖人のご威徳を偲ぶとともに、み教えにめぐりあえたことをよろこびあう大切な節目の行事であります。

混迷する社会に生きる私たちは、このご法要を円成するなかで学んだ、親鸞聖人のみ教えをよろこびあうことを柱とする生き方を一歩一歩確実に進めなければなりません。それは、宗祖親鸞聖人がお示し下さったお念仏のみ教えをしっかり受け止め、すくわれていることを味わいながら、僧侶と門徒が一つになって連綿として受け継がれてきた浄土真宗の正しい法灯を子々孫々にまで伝え弘めることにほかなりません。

私たちを取り巻く厳しい課題を一つ一つ乗り越えながら、50年後の「800回御遠忌法要」に向け皆さんと共に歩んでいく所存です。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

合 掌